ロゼレムは、体内時計を調整して快適な睡眠を取ることができます。

ロゼレムってどんな薬?

あなたは今の睡眠に満足していますか?

「夜中に何度も目が覚めて寝た気がしない」
「もっとゆっくり眠りたいのに、朝早く目が覚めてしまう」
「睡眠は取っているけど寝た気がしない」

このような悩みを抱えていませんか?
1日くらいならガマンできますが、何日も続くと仕事にも支障が出てしまいツライものです。

ロゼレムを飲み続けることでグッスリ眠れるようになり、睡眠から繋がる仕事に支障が出る悩みもなくなります。
ロゼレムは、病院に行かなくても簡単に通販で購入できます。
(※ロゼレムは現在、オオサカ堂でしか入手できません。)



ロゼレムの効果

ロゼレムは睡眠(寝ている)と覚醒(起きている)のリズムを整え、自然な睡眠を促します。
昼夜逆転シフトや夜型生活に慣れて不眠症の診断を受けた方でも、ロゼレムを飲み続ける事でグッスリ眠れるようになります。

・メラトニン・・・人間が朝日が昇ったら活動し、夕方頃になると活動を静める体内時計ホルモン。

メラトニンホルモンは体内時計を管理し調整する作用があり、この事で自然な入眠を導きます。
BZD受容体と比べ、速攻性を見込めない分はるかに自然な催眠効果と睡眠リズム形成する画期的なお薬です。
また他の睡眠薬と比べて直接脳の働きを抑制する事はないので深い睡眠を促してくれるでしょう。
服用して約2時間以内には効果が現れていますが、作用の仕方が他と異なり少し特殊と言えます。
メラトニン自体には脳を眠らせる効果はなく、厳密には自然な眠りに近い状態まで体内時計を調整する、すんわち暗くなったら眠くなるように体を調整するお薬と言えるでしょう。
作用時間としては、服用後血中濃度の最高到達度は1時間以内半減期も1時間前後となり、服用すれば成分は働いている事はまず間違いありません。
もちろん服用すればうっすらと眠くなったような気分がするとも言われますが、これは一時的なメラトニンホルモンの働きです。

ロゼレムの作用機序

睡眠薬ロゼレムは、ある特有のホルモンに働く作用があり、それがメラトニンです。
脳は松果体と呼ばれる部分には、人間の寝ている/起きているのリズムを決め、体内時計を管理するメラトニンというホルモンが存在します 。
例えば朝日を浴びたりすると脳の松果体はメラトニン分泌を抑えるように働くように、暗くなると分泌され明るくなると分泌が止まる仕組みとなっています。
このメラトニンが脳の視交叉上核にあるメラトニン受容体とくっつく事で人間は眠さを感じるようになります。
言わばスイッチのような部分がメラトニン受容体です。

ロゼレムの持続時間

ロゼレムの作用時間は、おおよそ1時間程度と言われています。
このお薬を寝る前に飲んで大体一時間前後で眠気が催されてきます。
一方で、日中飲んだ場合はあまり効果は無いでしょう。
自然な睡眠を促すので服用し続ける事で次第に効果が上がっていきます。
効果が上がっても作用時間は約1~2時間程度でおさまってしまうので起きた時に眠気やふらつきが生じる事可能性はほとんどないと言われています。

暗くなれば分泌されるメラトニンの替わりとして働くので、夜間服用すれば1時間以内にはうっすら眠くなるでしょう。

ロゼレムの副作用

ロゼレムの副作用は、ラメルテオンという成分による作用によるものです。
睡眠導入剤/睡眠薬には以下のような副作用が生じる可能性があります。

睡眠薬の主な副作用

眠気/ふらつき/耐性・依存性


ロゼレムは作用としては超短時間作用型にあたるため、副作用が多いとの報告はあまりありません。
しかしどんな薬にも、成分上全く起こらないと言い切れない事実があります。
脳の視交叉上核にあるメラトニン受容体に作用するロゼレムは、眠気やふらつき、またアモバン特有であった強烈な苦味が少なくなっています。

ロゼレムの主な副作用

・眠気/めまい/便秘/倦怠感

ロゼレムの重大な副作用

・蕁麻疹/腹痛/動悸/息切れ/咳/意識の混濁等のアナフィラキシー
※このような症状が出た場合にはただちに使用を中止して専門医師による処置を受けます。

ロゼレムの服用方法

ロゼレムは成人は1日につき就寝前に8mgを服用します。
症状の具合を見ながらおおよそ数週間~1ヶ月以上の服用が推奨期間です。
また高齢の方でも同じ8mgを服用するように決められています。
耐性、依存性、退薬症状等、副作用の可能性がとても低いので作用の強いものより安心して使用出来ますが、症状が改善され医師から指導を受けた場合、減量して下さい。
医師の指導のないまま自己判断で飲むのは絶対に控えましょう。

お昼寝時も飲んでいいの?

睡眠導入剤/睡眠薬は、仮眠時での使用は認められていません。
ロゼレムも同様で、睡眠のリズムを狂わせてしまいます。
日中はなるべく外に出て活動し日光を浴びるようにしましょう。

ロゼレムの注意点

ロゼレムの服用で注意するべき点としては次のようになります。

・用法用量を守る
ロゼレムの有効成分ラメルテオンはOD(オーバードーズ:過剰服用)による命の危険は少なくなっているとされます。
しかし睡眠導入剤/睡眠薬は大きく見れば直接脳に作用する向精神薬であるため絶対に無いとは言い切れません。
ちゃんと用量用法を守って飲む事が大切です。

・服用したら部屋を暗くして寝る
有効成分ラメルテオンが作用しにくくなってしまいお薬の効果が薄まる可能性が高いです。
部屋の明かりを消し、体内でメラトニンや有効成分が働くよう寝る準備はしっかり行うと良いでしょう。

併用禁忌薬

ロゼレムの併用禁忌薬(飲み合わせが悪い成分)や注意のあるお薬です。
服用する際には以下の項目や医師から十分な説明を受けて確認して下さい。
また服用後の飲酒は絶対にお止め下さい。

ロゼレムを服用出来ない方

・有効成分ラメルテオンにアレルギーを持っている方
・重度の肝機能障害の方
・抗うつ剤ルボックス/デプロメール(有効成分にフルボキサミンマレイン酸塩を含む)等を服用中の方
※ロゼレムの血中濃度が上がり危険ですのでお控え下さい。

併用注意

・CYP1A2阻害剤
血中濃度が上がり作用が強く現れる可能性がある
キノロン系抗菌薬(クラビット/シプロキサン)等

・CYP2C9阻害剤
血中濃度が上がり作用が強く現れる可能性がある
ラメルテオン(ロゼレム)の作用が強く現れてしまう恐れがあります。
アゾール系抗菌薬(フルコナゾール/ジフルカン)等

・CYP3A4阻害剤
血中濃度が上がり作用が強く現れる可能性がある
またニゾラールとの併用によって、血中濃度が上昇する可能性があります。
マクロライド系抗菌薬(ジスロマック/クラリス)やニゾラール等

・CYP誘導剤
作用を弱めてしまう可能性がある
結核治療薬(リファジン)等